ペニスのセルフトレーニングのススメ

肉体改造をするために筋力トレーニングがあるように、ペニスを増大させるためのトレーニングも存在しており要点さえ押さえておけばお金をそんなにかける事なく鍛えられるようになっています。

ペニス周辺はデリケートな部分であると同時に様々な筋肉が存在しており、細分化すると見えない部分にも筋肉があるのでそれに継続的に刺激を与える事で支える筋力が活性化され、増大される仕組みになっています。

筋肉を鍛えると同時にペニスへ効率的な負荷を与える事でより一層増大効果が期待できるので、負荷を掛ける場所や効率的な運動方法を理解した上で負荷を与えるようにしましょう。

最近では筋力への刺激を効率化させる器具まで販売されており、器具で行うトレーニングの他にも様々なグッズが販売されているので資金的に余裕のある方はこれらを併用して男らしい肉体を作るのもお勧めです。

特に運動エネルギーの負荷は場所的にも難しいので、分からない方は専用の器具を使用し効率的な負荷を与えるようにしましょう。

 

ペニスと深い関係性のある筋肉とは

恥骨と仙骨を結ぶためにPC筋という筋肉が存在しており、これは間接的にペニスを支える筋肉でもあります

PC筋は通常の肉体動作で働く事はほとんどなく、排泄物を出す時に力む行為をすることで初めて動作する筋肉になっています。

ただしPC筋は恥骨と仙骨の他にも肛門や尾てい骨等と隣接しており、それらに負荷を与える事でも鍛えられるようになっています。

特にペニスから肛門にかけてのラインは体内ペニスといって体内に埋もれている生殖器が存在しているため、これらに継続的な負荷を与える事で埋もれている物が外に出てくる形で増大する事が可能になっており、内在している体の組織を表に出すだけなので自然な形に鍛え上げる事ができます。

 

ペニスに関係した筋肉を鍛えるトレーニング法

ペニスと密接な関係を保っているPC筋を鍛えるには、体感的に鍛える筋力の場所を把握する事から始めます。

まず尿等の排泄の兆候が見られたらお手洗いに行き、尿を途中でやめるように力を入れてみてください。

また勃起している時にペニスを動かそうとして力が入る場所を把握してください。

場所が把握できたら自然な状態の時にその場所に力を入れられるようにし、継続的に負荷を与えてください。

すると肛門側の筋肉が動くような感覚を体感する事ができるので、この運動を繰り返し行いペニス周辺の筋肉も動かせるようにしていきましょう。

最初は感覚を掴むのが難しいので可能な限りペニスから肛門にかけてのラインに力を入れるようにしてしてください。

 

初心者にもできるペニス増大トレーニング

男らしい肉体を構成するためのトレーニングは関連した筋肉への負荷だけでなく、基本的な刺激でも鍛える事が可能になっています。

ペニス増大トレーニングとして一般的に知れ渡っているのが、引っ張る刺激で増大を試みる方法です。

この方法は手で望遠鏡を作るようにしてカリ部分を掴み、そのまま引っ張るようにして負荷を与える単純な運動です。

負荷の与える時間はなるべく定期的なペースで継続できる方法を選択するようにし、負荷の与え方も一方向に引っ張るのではなく様々な方向に引っ張るようにしてください。

単純なトレーニング法ですが、単純故に肉体への負荷も適度な形で与える事ができる上に痛みが無いように自分で力加減を加える事もできる点が大きなメリットです。

 

ペニス増大トレーニングに使う牽引器具とは

ペニスを増大するためには継続的に関連した筋肉に負荷を与える事が必要になってきますが、常に負荷を与える事は難しいので牽引器具を使う事で継続的な負荷を与える方法が最も効果的とされています。

牽引器具の代表的な物は亀頭を引っ張り上げて特殊なバーと固定器具で伸ばした状態を強制的に維持させ、長時間の負荷で増大させるという仕組みになっています。

装着しなければならない期間は個人差がありますが、短期間で効果が現れる人は数か月の装着期間である事も多く長くても1年単位なので継続率的にも非常に有用なトレーニング法として注目されています

最近ではあらゆる体格にマッチするように牽引器具の微調整ができるようなタイプもある事が話題を集めています。

 

まとめ

ペニスを増大させるためには関連した筋力を鍛える必要がありますが、他の体の部位と比較すると分かりにくい場所にある上に筋肉を動かす行動が特殊な動きであるため中々鍛えられません

そこで日常生活で筋力を動かすタイミングを意識的に体感し場所を把握する事で効率的に鍛える事ができます。

ただしこの方法は時間がかかるので、時間を割けない人には不向きです。

そこで牽引器具という継続的に筋肉に負荷を与える器具を使う事で、時間がない人でもペニス増大トレーニングを行う事ができます。

牽引器具は日常的に負荷を与える事ができるので、他のトレーニングよりも短期間で増大効果が見込める上に運動の継続率も非常に高いので確実にペニス増大を期待する事ができます。

ペニスはデリケート故に扱いに慎重になってしまう傾向がありますが、この様に負荷の掛け方さえ理解していれば鍛える事ができるので体にコンプレックスのある方は簡単な運動からやってみる事をお勧めします。

関連記事