ペニスの悩み

男性にとって永遠のテーマでもあるペニス。大きい小さいとか、短い長いとか、いくつになっても話題は尽きないものです。しかし、それは逆を言えば、男性がそれだけペニスに興味があり、人と比べたがっている証拠でもあります。

また、比べるという事はそれだけ自分のペニスに対する悩みをひそかに抱えている人が多いという事でもあります。みなさんは自分のペニスに対してどんな悩みを持っていますか?

 

勃起障害

やはりダントツで多い悩みはいわゆるEDと言われている勃起障害です。EDは、十分な勃起が得られない、または維持できない状態の事です。

日本の勃起障害者数は推定で1130万人いるといわれており、男性不妊の原因の30パーセントがこのEDによるものだそうです。これは悩んでいる人が多いのもうなずけますね。

 

EDにも種類がある?

機能性勃起障害

機能性勃起障害は、精神的、心理的な要素によってなる障害です。普段正常な性生活を送っていた人がパートナーとのトラブル、ストレスや疲労でなるケースが多いようです。

一例をあげると、妻との性行為で一度も満足に至ったことがないなどの方が、妻だけに対してEDになってしまうというケースがあります。とくに嫌いなわけでもなく、したいのだけど、どうしても立たない。という方は意外に多く、また、妻を傷つけたくないために言い出せない夫が、余計ストレスを感じで悪循環に至る場合があります。この場合は薬での治療というよりは、カウンセリングによる治療が必要になります。

その他にも、風俗通いし過ぎで、風俗では普通に射精できるのだけど、自分がリードするSEXでは全く立たないという方や、2次元を愛してしまい、生身の女性に対しては立たないという複雑なケースの人もいます。

 

器質勃起障害

器質勃起障害は何か病気があるためにEDとなってしまう病気です。

例えば、甲状腺機能の低下、脳血管障害、腎不全、睡眠時無呼吸症候群などが原因で起こるケースです。精巣の機能不全など直接的に勃起が起こりにくいため、こちらの場合は薬による長期治療が必要になります。このケースの方はかわいそうですね。

 

混合性勃起障害

こちらは1と2の特徴を両方兼ね備えた勃起障害で、重度の病気になります。ここまでくると根気よくカウンセリングと薬による治療を続けなければいけないですね。

 

あっという間に射精してしまう早漏

やはりこのネタも多いですね。特に日本人は早漏が多いと言われております。自分が気持ち良いのは良いのですが、早すぎるため女性が満足してくれません。行為後の気まずさもあり、トラウマとなってSEXに対して消極的になってしまう原因でもあります。

 

心が要因になっている早漏

若い男性に多い原因は、性行為に慣れていないというのが大きな原因です。慣れていないせいもあり、性的刺激に対して過度に興奮しすぎてしまうため、すぐに射精してしまうという事です。中学生くらいの方には、セックスを想像しただけで射精してしまうという人もいるそうです。それはある意味すごいですね。

 

身体が要因の早漏

身体が原因になっている早漏は主に2種類ありまして、まず過敏性早漏というものは包茎の方に多く、ペニスが皮でおおわれているため、刺激に慣れていない状態でいきなり強い刺激を与えると、脳に性的興奮が届く前に勝手に射精してしまう症状を言います。脳に刺激が届く前というのがなんとも言えないですね。気持ちよくないという事ですよね。これはショックでトラウマになりそうです。

次に衰弱性早漏という早漏は、加齢に伴い射精管閉鎖筋が弱ってしまうため、我慢しても耐え切れず、すぐに射精してしまう症状のことをいいます。

 

 

短小コンプレックス

やはりここでも出てくるちんちんの大きい小さい問題。これはもう避けられないのでしょうね。たしかに、女性に見られても恥ずかしくない立派なペニスであれば良いのですが、そういう方はまれであり、ほとんどの方はもう少し大きくなりたい。と感じている人が多いようです。

 

温泉に行きたくない原因でもある?

よく男友達みんなで温泉旅行に行こうぜなどという話はでますが、その中でいつも断ってくる友人がいます。僕は特に仲が良いので、理由を聞くと、恥ずかしそうに「だって俺、小さいから…」とぼそっと話してくれました。たしかに、大浴場などにいくと、無意識に他人のモノと比べたりしますよね。そのとき、彼は気づいてしまったそうです。自分のちんちんがみんなに比べて極端に小さい事に。これに関してはお気持ちお察ししますとしか言えないですが、本人は切実に悩んでいるとのことで、そのコンプレックスがあるため、修学旅行や卒業旅行の時も、お風呂はみんなが寝静まったころに一人で行っていたそうです。

それがトラウマになっている方って、実は非常に多い気がします。

女性の方がお風呂に誘ってなんとなく断られると、あ、生理中なんだな。これはしょうがないと気を使ってくれるように、男性陣も、その空気を察してあげていただきたいですね。

 

まとめ

ペニスに対するいろんな悩みは常に男性の会話のネタになっています。ネタとして笑いながら話してくる人はまだ良いですが、切実に悩んでいる人も以外に多いので、失言で本人を傷つけたりなどの無いよう、空気を読むという事も大切ですね。