ペニス増大マニュアルとはどういうモノ!?

自身のペニスのサイズに満足していない方は、ペニス増大を目標に色々検討されている方もいらっしゃるといます。亀頭増大術長茎術、亀頭増大サプリ、チントレなど様々な商品があるなか、このコラムではチントレの部類に入る「ペニス増大マニュアル」についてご紹介していきたいと思います。

ペニス増大マニュアルとは

ペニス増大マニュアルとは、ペニスを大きくするためのトレーニング・エクササイズを、動画やテキストの教材などで紹介しています。サプリを同梱しているものもあり、価格は数千円のものから数万円するものまで大きく差があります。購入方法は主にインターネットでの申し込みで、DVDが郵送されてくるものや、ファイルをダウンロードしたり会員専用のサイトで閲覧できるといった仕様になっているものが多いようです。チントレや、ぺニトレの教本的なものと考えられます。

ペニス増大マニュアルの種類

エクササイズ・メソッドオール

1日たったの10分でペニスを大きくする片手間ペニス増大&デザイン術「エクササイズ・メソッドオール」。

PDF化されたファイルをダウンロードし、見ながら実践、アドバイスを学習していく内容となっており、数多くあるペニス増大法の中から「実践者の評価」「実践した結果」に重点を置いて、特に効果があったものだけを抜粋して翻訳化したエクササイズです。

誰でも理解しやすいようにイラスト化してあり、基本エクササイズとは別に短時間で最大限にペニスを増大させるための応用エクササイズや裏技などを加筆しているので、効率良くチントレができる内容に整理されています。このメソッドの特徴は勃起時、平常時ともに大きくすることができ、一度大きくなったペニスは半永久的にその大きさを保つことができます。また毎日ハードトレーニングを行なう必要もなく、自分のペースで1日10分程度、それを4~5日行なえば十分に効果が発揮できるとの事です。

価格は3,900円と他のモノよりかなり安くなっています。ペニス増大マニュアルでは一番有名なようです。

プロジェクトXXL

郵送されたDVDを見ながら学習する内容となっています。プロジェクトXXLは、たったの3か月で長さが4cm、太さが1.7cmも増大すると言うことで販売されていて、ペニスを大きくしたい人からすると非常に魅力的な内容に見える。そしてAV男優のお墨付きということで、安心感もある。

その内容に関してだが、付属のDVDでペニスを大きくするためのエクササイズ方法を学び、馬太郎という増大サプリ(サプリ同梱版)を服用することによってペニスを増大していくというもの。

価格は、教材のみでは11,800円。馬太郎という増大サプリメントとローションが同梱されているものは24,000円となっています。

3ヶ月経過した時にペニスが大きくなっていなければ全額返還保証サービスを設けています。しかしながらこの返金保証、かなりハードルの高いものになっているそうで、面倒を避けるため返金を求める方は少ないそうです。

木村式ペニス増大法

この教材は動画ダウンロードかDVDのどちらかを選択出来ます。内容は、他のDVDの教材と同様、トレーニング法と、アドバイスを学習するような形となっています。他と違う点としては、同じペニスを大きくすると言っても「女性とのセックスを考慮されたトレーニング法」にこだわているところです。

価格は、13,800円。購入特典として、ペニス増大とは関係のない、セックスのテクニックの教材がついてきます。

欧米化ペニス増大プログラム膨張Bang!~短小包茎の真実~

購入方法は、ダウンロードによるPDFファイルの教材になっています。内容に関しての情報がほとんどなく、一つ分かるのは欧米のノウハウを参考にしているという事くらいでした。

価格は13,000円。こちらも効果が得られない場合、全額返金を保証してくれるようです。

ペニス増大マニュアルの効果

紹介ページ等で、3ヶ月間トレーニングを続ければ3~10cm前後の効果が望めるようになっているようです。しかし、どの口コミやレビューを見てもマニュアル単体での効果というのはあまり期待できないようで、サプリとの併用を推奨しているモノが多いように思います。

メリット

もし本当に効果が望めるものであるならば、他の増大関連の商品に比べ、費用は安いと思います。増大手術の5分の一、増大サプリの一か月分の費用での一生できるトレーニング、そう考えればお得感はあります。一日に10分~数十分程度のトレーニングですので、入浴時などに気軽に実践できます。

デメリット

効果があるかどうかが一番気がかりなところです。費用面ではそれほど高い投資になっていませんが、無駄な出費はしたくないものですよね。

トレーニング法については、トレーニング前にペニスを温めたりや、ローションを使用する、週に1日は休みを作るなどペニスに過度の負荷を与えなくしている気遣いはあるのですが、ペニス増大マニュアルのトレーニングは慣れない動きや姿勢を強制することになるので、最終的にペニスにどれほどの負荷が掛かるかは分かりません。そういった負荷の産物としての後遺症が出てしまう事が不安視されます。

ペニス増大マニュアルには効果はあるの!?

上記で説明させていただいた通り、マニュアル単体では効果は薄いかと思われます。マニュアルの付属として、亀頭増大サプリや別のサービス、全く関係のなさそうなものまで付属にして興味を集めようとしていることからも、製品の満足度が低いからだと予想できます。

まとめ

そもそもの話で、ペニスの動き(トレーニング)で大きさが変化すること自体に疑問があります。人間が背伸びをした程度の変化は見られそうですが、それは一時的なものでありますし、背伸びし続けることで大きくなり続けることはできないと思います。

人間の体格は成長期に合わせて、栄養と運動により大きくなります。ペニスも同様に、成長期に栄養と勃起という運動(内側からの力)で大きくなります。成長期を過ぎてから大きくするためには、栄養と運動の「内側からの力」だけでは難しく、「外側からの力」が必要になります。サプリメントはその「外側からの力(ペニスに有効な成分)」により、栄養の補給と勃起を促し大きくすることが出来ます。増大手術は、隠れている部分を引き出すなどの「外側からの力」を使っています。重要なのは、この「外側からの力」というのがいかにペニスに良い影響を与えることが出来るかという事です。

結果を求めるのであれば、しっかりとした外側からの力である、亀頭増大サプリや増大手術を検討されることをオススメします。

亀頭増大サプリはこちら

クリニックはこちら