ペニス治療に踏み切る理由には様々なコンプレックスがある

ペニスは男らしさの象徴。それだけに男性はそれぞれにペニスに対してあらゆる想いを持っています。女性の胸に対する想い以上です。

他人のペニスを見る機会といえば銭湯や温泉に行くときくらい。それにそんなときにもそんなにジロジロと他人のものを見るわけにもいかず男性といえども他人のペニスはなぞのベールに包まれた状態。だからこそ男たちは、自分だけなのではないか・他の人よりも劣っているのではないかと心ひそかに悩み、コンプレックスを持つのです。その想いが強いと医師になら見せてもよいからとにかく治したいと願い、治療に踏みきることになります。そこまでの決意をするのにはそれだけの強いコンプレックスがあるのです。ですが、体型にもさまざまあるようにペニスのサイズや機能だってさまざまあります。それに自分だけでなく実は日本人の多くが同じ悩みで苦しんでいることだってあるのです。

ただ一人悩むよりは、病院で診てもらって医師に太鼓判を押してもらうほうがよいのかもしれません。

 

ペニス増大によるコンプレックス解消

男性はペニスのサイズを気にします。それは世界共通です。アメリカで行われた調査では90パーセント以上の方が悩みを抱いていましたペニス増大のためのサプリメントなどの種類の多さもその現われです。病院での治療にも陰茎増大・亀頭増大・長茎手術があります。そのコンプレックスが元で異性関係に遠慮してしまう・パートナーはいるのだが笑われたらどうしようと思うあまりたたなくなった・温泉に行くこともできない、といった感じで日常生活にも影響を及ぼすような理由があるのなら治療に踏み切るのもよいでしょう。

ただ、インターネットで紹介されているサイズの平均というのは男性が自己申告で出しているような信憑性にかける数値だったりもします

 

包茎の方のコンプレックスと治療方法

仮性包茎という考え方は日本人特有のものです。そのうちの軽度の仮性包茎なら勃起時にはきちんと剥けるのですからわざわざ治療する理由にはなりません。海外では普通のことともされています

実際、日本人も6割以上は仮性包茎だと言われているのです。とはいえ、子供から大人になっていく過程で剥けていくのですが、思春期頃といえば最も見た目が他人と違っていないかを気にする時期。周囲を気にするあまりコンプレックスを抱く方も少なくはないのです。重度の仮性包茎や真性包茎なら治療に踏み切ったほうがよいですし、カントン包茎なら早めの治療が必要です。ですが、単に通常時はかぶっているというだけなら気にしなくてもよいのです。

 

早漏の解消によるコンプレックス改善

包茎の方だと早漏を悩んでいる方も多いでしょう。そうでなくても、忙しい日々を送りストレスも溜めている現代男性ですから交感神経が崩れていたり精神的な理由から早漏になり、そのことを悩んで更に早漏が激しくなって、という方も多いです。治療によって解消することもできますが、原因を探って根本的に改善しないといけません。

ただし、どれだけの時間以下の場合を早漏と呼ぶかという定義もありません。それもまた自身で勝手に悩んでいるだけのケースもあります。気にすることで更に悪化していくものですから気にしないことです。場合によっては泌尿器科に行っても、精神的問題だからと治療法を見出せないこともあります。

 

実は女性は気にしていない?

男性にとってはとにかく気になる存在のペニス。でも実は女性はそれほど気にしていません。多くのパートナーと付き合っていなければ、場合によっては見ることになるのはたった一人だけ。それなら比べようもありません。性行為に関しても、長さや気持ちよさなどこういうもの、と考えて受け入れるのみです。

コンプレックスを抱いて萎縮するよりも男らしく堂々としている方が女性から見ても魅力的な男性です。パートナーとの営みは挿入時だけではありません。すぐに果ててしまうというのであればその前後に時間をかけて女性を喜ばせるよう努力すればよいだけです。女性は身体だけでなく心でも満たされることによって性行為の満足度を得るのです

 

まとめ

男性のほとんどがコンプレックスを持っていますが、そのほとんどは治療の必要はないものです。もちろん中にはカントン包茎のように緊急を要するものもありますがそれはほんの一部に過ぎないのです

男性がコンプレックスを抱く理由として大きいのは知識がないがゆえの精神的なものです。自身の状態は正常なのかどうなのか、知識を得てください。長さや太さに関しては本当に測ったがゆえの平均値なのか・どのような状態で測られたものなのかなどきちんと調べましょう。意外とその数値は不確かだったりします。

知識を得るために病院に行ってもよいですが、治療を行って望む姿が得られるとは言い切れません。治療費をかけるよりはまず規則正しい生活や食習慣・運動をするなどペニスに栄養が行き届くようにしてください。忙しい現代人、無駄に時間を費やすよりも必要な部分にかけて効率よくペニスの状態を良くしてやりましょう。健康に長生きするためにもおすすめです。

関連記事