亀頭増大術が早漏の治療に繋がる!?

「3回半こすっただけで射精してしまう」という意味で、「三行半(みくだりはん)」をもじった「三こすり半」という言葉まであるほど、早漏は多くの世の男性の悩みの一つですが、亀頭増大術が早漏対策にもなるということはあまり知られてないかもしれません。今回は亀頭増大術と早漏対策との関係を紹介したいと思います。

早漏とは

そもそも早漏の定義は曖昧です。女性の膣内にペニスを挿入して、射精までの時間が「1分〜2分以内」とも「5分以内」とも、はたまた「30秒以内」が早漏であるとも言われることもあります。早漏かどうかは主観的ではありますが、女性側からすると「自分が満足する前に射精されてしまう」ということだと言えます。

女性はエクスタシーに達するまで平均して20分以上の時間が必要だと言われているので、前戯を頑張ったとしても挿入後10分程度は射精を我慢できないと女性を満足させられないことになります。

早漏の原因は

ではなぜ早漏になってしまうのでしょうか。一口に早漏と言ってもその原因は様々な要素が組み合わさっています。コンプレックスや不安、ストレスなどの精神的なもの、セックスの経験不足や外部からの刺激に過敏に反応してしまう身体的なもの、さらには加齢で筋力が低下することで引き起こされる衰弱性の早漏もあります。

特に日本人が早漏に悩む原因は、上記の心因性のものと身体的なものが組み合わされているが多く、日本人成人男性の3割〜5割は「自分は早漏だと思う」というデータもあります。

早漏対策としての亀頭増大術

亀頭増大術とは、ヒアルロン酸パフォームなどの専用のフィラー剤を亀頭に注入する手術です。そうすることで亀頭全体や亀頭カリ部分に張りを出し、ペニスをより硬く大きくするのです。

このような亀頭増大術をすることによりペニスの感度調整にもなりますし、女性側も亀頭が硬くて大きいと膣内での「引っかかり」がより感度を上げ、早くオーガズムへと導くことができるようになります。そうなると男性は自分のセックスに自信が持てることにも繋がり、心因性の早漏も身体的な早漏も同時に改善されることが期待されます。

早漏を改善し、最高のセックスライフを!

多くの日本人男性は女性を十分に満足させられずに悩んでいるということは、逆に考えると「多くの女性はパートナーとのセックスに満足しておらず、自分を満足させてくれる男性を欲している」とも言えるのではないでしょうか。

セックスは最高のコミュニケーションであり、アメリカの作家で有名なヘンリー・ミラーは「世界を一つにまとめ上げているものは、私の苦い経験から言えることには、性交である。」という名言を残しています。早漏のせいで満足したセックスができず、パートナーとの関係に問題が生じることもあるのです。亀頭増大術で早漏の悩みから解放され、パートナーとの最高のセックスライフを楽しみたいものです。

亀頭増大術のクリニック情報はこちらをご覧ください。

クリニックはこちら