勃起の継続時間はどのくらい?

男性にとって勃起の継続時間はとっても気になるキーワードです。

早いと早漏と言われてしまうし、逆に遅すぎるのも女性には印象が良くないとも言われますね。そこで、勃起の継続時間がどのくらいなのかを調べてみました。

 

外的刺激を受けない場合の勃起時間

単に勃起と言っても、SEXやオナニーの時の勃起と、寝る前や朝起きたときの勃起では少し違うので、用途別に分けてみました。まずは単純に外的刺激を受けない場合の勃起継続時間です。

まずは一番盛りの強い20代から。

20代の方の平均勃起持続時間は約1:30~2:00だそうです。30代では少し性欲が落ち着いてくる方もいらっしゃるので、結果は1:00~1:30と、20台に比べて30秒ほど短くなりました。次に40代の方は、0:30~0:50と1分を切ってしまいます。最後に50、60代の方はなんと0:15~0:30という結果になるそうです。

ここで驚いたのは、盛りの強い20代の方でも、勃起後に何の刺激も与えなければ2分ほどしか持たないという事です。これは意外でしたね。

 

SEXの時の勃起持続時間

次は外的刺激を与え続けたときの勃起の持続時間についてですが、大体平均的に、男性が挿入して射精するまでの時間は7分と言われております。

ある統計では、一番多いのが7分~9分で、次に多いのが1分~3分。3位は5分~7分で、4位になると1分以下で射精する方もいるようですね。ちなみにですが、逆に女性が希望する挿入時間の平均値は15.7分だそうです。これは意外かもしれませんが、基本的に女性が性的刺激を感じ始めてからイクまでの平均時間は20分以上とされています。これだけ見ると、男性はもっと頑張らないと全然だめじゃないか。と思うでしょう。しかし、もう一度文章を読み直してみましょう。

女性が性的刺激を受け始めてから。と書きましたが、挿入してからとは書いていませんね。

つまり、男性は、前戯も含めて20分以上、女性を感じさせられれば良いのです。

 

AV男優の勃起継続時間は

AVを見ていると、作品によって差がありますが、大体インタビューが最初にあって、

前戯が20分、挿入時間が20分前後という構成が多いです。これを見てわかる通り、AV男優は挿入してからの時間が普通の人の倍以上という事になりますね。

20分も勃起を維持できるのって改めてすごいことなんだなと実感しました。しかし、AV男優はただ単に勃起時間が長いというわけではなく、それなりに努力して鍛え上げているんです

まずは基礎体力ですね。AVを見ていると、男優さんはムキムキのマッチョな方が多いですよね?また、売れっ子のAV男優になると、1日に2~3本の撮影をこなさなくてはならず、体力も人一倍なければ仕事として成り立ちません。

筋肉痛で動かないなんて言えませんからね。また、男優さんはもちろん、勃起力を持続させるためにサプリを飲んだり、男性ホルモンをアップさせたり、とプロとしての投資も人一倍行っているようです。これを聞いて少しは安心しましたね。やはり、普通の人と同じでは比べられないのですから。

 

勃起継続時間世界一は日本人?

オナニーのオリンピック

世界には変わった大会や競技が沢山ありますが、マスターベータソンという大会をご存じだろうか?この大会は、いわゆるマスターベーションの継続時間や回数、飛距離などを競う大会で、寄付を募るチャリティーイベントでもあります。

オナニーのオリンピックともいわれるこの大会は、マスターベーションに関する知識を高め、女性のための健康事業や、エイズ撲滅、教育団体への援助など、今までに25000ドルもの寄付を集めてきました。

その大会を調べてみると、2008年、2009年の耐久時間男性部門王者の名前に佐藤雅信という名前を発見しました。なんと、彼は日本人です。世界にはとんでもない勃起の方がいるのであろうと調べた結果、王者が日本人だったとは。

 

佐藤雅信とはどんな人?

佐藤雅信さんは日本の実業家であり、株式会社典雅の商品開発担当取締役でもあります。

会社名でピンと来た人はお分かりですね。そう、あのTENGAの会社の方だったんです。

彼はこの会社のために生まれてきたといっても良いくらい、天職についていたのですね。

 

どんな方法で世界王者になったのか

彼が王者になったオナニーの仕方について、とても気になったので調べてみました。

彼はノートパソコンに取り込んだおかずを見ながら、そのまま射精せずに10種類約30個の自社製品で勃起状態を維持させるという方法だったそうです。

文章にするとたいしたことはしていないようですが、自社製品を知り尽くしている男だからこそ、時間配分や自分の持続性をうまくコントロールできたのでしょうね。記録時間はなんと9時間33分という、恐ろしい記録です。しかも翌年の2009年も優勝しており、2連覇を果たしているというからただものではないですね。

まさに、オナニーの申し子というにふさわしい人物です。

 

まとめ

勃起の継続力アップは男性のあこがれでもあります。しかし、勃起力が長ければ良いというものでもありません。先にも書いたように、女性の求める持続時間との認識のずれがありますし、それに何より、佐藤さんのようになると、いろいろな努力をしないとイクことができないまでになってしまうと、それはそれで大変ですよね。

一番良いのは、女性を満足させることができる程度に持続出来て、自分もある程度のところで射精できるくらいが一番気持ち良い状態なのではないでしょうか?