包茎によるペニスの影響

包茎という言葉を男性でしたらご存知でしょう。ペニスには皮がついています。しかしそれが、何らかの問題で男性器の先端部である亀頭に常に皮が被る症状、これが包茎です。包茎のペニスは縮こまったような印象で見た目があまりよくありません。実際、女性から「男として未成熟に見える」と思われていることもあるそうです。男性自身としても出来るなら縮こまった包茎ペニスよりはしっかりと露出したペニスが欲しいと思うものではないでしょうか。

包茎は見た目の悪さなどの問題だけではなく、実は身体に与える悪影響もあります。時に陰茎が機能しなくなる場合すらあるので、包茎と一口に言っても簡単に思わない方が良いでしょう。現代では包茎は手術によって治す事が出来ます。色々な包茎の種類があり、色々な手術方法がありますので、包茎についてきちんと知ることは大事なことなのです。

包茎の種類

仮性包茎

包茎の人の中では、最もこの種類の包茎の人が多いです。日本では全ての成人男性のうち7割前後がこの仮性包茎だともされていて、一般的によく知られた包茎です。そもそもペニスには皮があります。生まれてきた赤ちゃんを見ればわかりますが、最初は誰だって完全に皮をかぶっています。しかし成長するにつれ、徐々に亀頭が露出してきます。そのうち勃起時には完全に亀頭が露出し、さらには平常時でも常に亀頭が露出した状態へと変わっていきます。これが通常のペニスといわれています。

仮性包茎の症状とは、「亀頭部に皮が被っていて、しかし手で剥くことによって簡単に亀頭を露出させることができる」という状態です。日本人ですと、勃起時は自然に亀頭が露出するが平常時は被っている、というぐらいの方が最も多いようですね。これぐらいですと軽度の仮性包茎と診断されます。しかし、手で剥けば露出するものの、勃起しても自然には亀頭にほとんど皮が被ったままの状態であるという方もいます。これは重度の仮性包茎になります。

ひとつ注意なのは、この「仮性包茎」という症状の見方は日本独自のものです。世界的に見てもこの状態のペニスの人はかなりの多数派になり、日本以外では「通常のペニス」とみなされることが多いのです。なので海外の人に仮性包茎の話をしても通じない場合がほとんどでしょうね。それぐらいの症状ですので、包茎の中では比較的悪影響の少ないパターンになります。ただし衛生面など悪影響が無いわけではありませんし、人によって状態は細かに違いますので注意は必要です。

真性包茎

真性包茎とは、仮性包茎と違って手で皮を剥くことすら出来ない状態のことをいいます。ペニス先端部の包皮口が狭かったり、亀頭と皮が癒着を起してしまっているなどの理由により起こります。平常時だろうが勃起時だろうが常に亀頭は皮に包まれ圧迫されている形になり、この真性包茎のペニスは衛生状態が特に悪く、亀頭の成長を阻害もしており、痛みがある場合もある、生殖への障害もあり得ると、悪影響が大きい包茎になります。

この真性包茎の人は出来るなら医師に相談の上、手術を考えた方が良いでしょう。今後の亀頭が成長しにくいため、先細りと呼ばれる形のペニスになることも多く見た目もあまり良くありません。さらに最悪の場合、不衛生から「陰茎癌」と呼ばれる癌を起すこともあるのです。

嵌頓(かんとん)包茎

もうひとつ、包茎の種類として嵌頓(かんとん)包茎と呼ばれるものがあります。この種類の包茎は仮性や真性と比べて知名度が低く、名前は知っていても正確にはどういう状態から知らない、という人が多いようですね。ただこの包茎は放置していると危険なことにもなり得るものなので、きちんと知っておくことは大事です。

この包茎は、包皮口がかなり狭く、リング状にになったその部分がペニスを圧迫している状態のことをいます。皮が剥けない事も無いが剥きにくい、という状態の方が、無理に皮を剥こうとして締め付けられ、戻すことすら出来なくなった、という症状です。いうなれば狭い壁の穴を無理に潜り抜けようとしてお腹が引っかかり締め付けられ、前にも後ろにも進めなくなった人、の様な状況です。これは結構なピンチですよね。常に圧迫されているので痛みは当然ながら血流も遮られ、最悪圧迫部から壊死する可能性もあります。ペニスをぎゅっと締め付けているようなものですからね。

この種類の包茎の場合は、すぐに手術をして治療することをお勧めします。ただの皮だけの問題なのですが、最悪、ペニスを失うことすらあり得る症状です。

包茎によって罹る病気

亀頭包皮炎

ペニスに起こる問題は包茎だけではなく、病気もあります。しかしこれは完全に無関係ではなく、「包茎のペニスは病気になりやすい」という事実があるので注意が必要です。たとえば「亀頭包皮炎」というものがありますが、これは亀頭や包皮に出来たわずかな傷から菌が入り込み、炎症を起こしてしまうという病気です。

亀頭包皮炎には大きく分けて二種類あります。細菌が原因となるものを「細菌性亀頭包皮炎」と呼びますが、ペニスがただれたり赤いぶつぶつのような物ができたりするならこの病気かも知れません。もうひとつは「カンジダ性亀頭包皮炎」というもので、カンジダ菌というカビの一種が繁殖してしまうものです。ペニスに薄皮が出来たり白っぽい垢が出ることが特徴ですね。

どちらの亀頭包皮炎も原因はペニスに出来た傷からの感染なので、できるだけペニスの扱いに気をつけることでこの病気は避けることが出来ます。性交やマスターベーションの時に力を入れ過ぎない、ペニスを石鹸で洗い過ぎない、などが重要ですね。この病気は菌が繁殖するものなので、不衛生なペニスだと起こりやすくなります。そして包茎のペニスは不衛生になりやすいので、この亀頭包皮炎に包茎のペニスはなりやすいというわけです。

陰茎がん

多数あるがんの種類の中でも、陰茎がんを知っている人は稀なのではないでしょうか。じつはペニスにもがんはできるのです。それが陰茎がんです。陰茎におできのようなものができるのですが、がんとしては見た目で診断できるだけ発見はしやすいです。しかし他の性病と見分けがつきにくい場合もあるので、もしそのようなものが出来た場合は医師に相談した方がいいでしょう。初期でしたら放射線治療などで完治できる可能性もありますが、ひどくなるとペニスを切断することになります。

陰茎がんの原因はまだはっきりはしていませんが、発生要因として重要視されているのが包茎です。不衛生にしているのが何より危険なようで、汚れが溜まったりしがちな包茎がどうしても要因になるのですね。包茎の手術である「割礼」を伝統的に行う海外の地域ではこの陰茎がんの発生率が著しく低いというデータもあります。

性病・性行為感染症

ペニスが関係する病気には性病、性感染症といものもあります。主に性的行為により感染する病気のことで、エイズなんかは誰もが聞いたことのある名前ですよね。このエイズは、エイズウイルスが含まれた血液、精液、膣分泌液が、粘膜やわずかな傷との接触により感染するものです。粘膜を通すわけですから通常の性交はもちろん、肛門や口での行為でも感染します。逆に言えば空気感染や食事からの感染はありません。

症状は発熱等から始まり、何年かの潜伏期間を経たあとエイズが発症します。免疫力が低下する病気ですので、あらゆる感染症や神経障害なども引き起こすことになり、致死率が高いとても恐しい病気となっています。

他に、日本で最も感染者が多い性感染症で「クラミジア」というものもあります。これもエイズ同様、あらゆる性行為にて感染するものです。症状は女性の場合は生理痛が重くなったり、性交時に痛みがあります。男性の場合は睾丸の腫れやペニスから膿が出ることがあります。特に注意が必要なのは女性の場合で、症状を殆ど感じない事もありその場合放置されがちで、その結果、子宮内膜炎などを引き起こして最悪不妊症に至ることもある危険なものです。

これらは性器に関する病気という事でどうしても直視したくなかったり人に相談しにくい症状ですが、一生に関るような危険な状態の場合もあります。さらに性病は他人に感染させる可能性があるものなので、決して軽視すべきものではないのです。もし気になる症状があるようでしたら医療機関に相談することをオススメします。

包茎によって早漏になることも??

性交時に早く射精してしまう「早漏」。いまいち格好悪い印象の早漏ですが、仮性包茎のペニスだと早漏になりやすいと言われています。理由は簡単で、仮性包茎のペニスは普段は亀頭が皮で隠れており、刺激を受けない状態、つまり刺激に慣れていないので、性交時に勃起して亀頭が露出した際に少しの刺激でも強く感じてしまい、「早く」射精してしまうということです。

包茎を治すには?

包茎や、その包茎で起こりやすくなってしまう悪影響、性病などを見て来ましたが、ではその包茎を治す手段にはどういったものがあるのでしょうか?簡単なのは、手や絆創膏を使って日常的に常に亀頭を露出させるという方法や、それ専用のパンツを着用するという方法があります。

しかしこれらではどうしても時間がかかりますし、実際にやっても効果が出ない場合もあります。ならば確実な方法としては、包茎治療手術という手段があります。ペニスの手術と聞くと怖く感じるかもしれませんが、今では多くのクリニック、病院で行われているものですね。手術の方法にもいくつか種類があります。費用や見た目などの面でそれぞれメリット・デメリットがありますので、包茎治療手術を考えている人にとってはその知識も重要となるでしょう。

場所に関しても、大きく分けて美容整形クリニックに行くか、病院の泌尿器科に行くかで違います。美容整形クリニックだと包茎手術の種類が多く、選択肢が増えるでしょう。病院で行っている包茎治療の種類は少ないですが、包茎の状態によっては健康保険が適用されることがあり、費用の面でかなり安く済む場合があります。「美容」扱いなのか、「治療」扱いになるかという事ですね。自分の包茎の状態や選びたい手術方法によって治療場所は選択しましょう。

治療した跡の状態にもクリニックと病院では違いがあり、例えるならばメスを使い切開した跡は、クリニックで治療を受けると治療跡は分かりにくくしてくれますが、病院では治療跡は分かりやすくなっています。この違いが起こるのは、クリニックは美容整形という事で治療後の「見た目」の状態にも気を遣ってくれますが、病院はあくまで完治することがメインなので治療後の「見た目」の状態は気にしてくれません。下記に包茎手術も扱っているクリニックの紹介があります。ご興味のある方は是非ご覧ください。

クリニックはこちら

包茎手術の種類

環状切開法

包茎を治療するための手術方法、そのうちの一つが環状切開法です。これは包皮の先の方、亀頭に被っている部分を環のように切って切除するというものですね。単純な手術であり、技術もそれほど必要とされませんので包茎手術の中では比較的費用が安くつきます。真性包茎などの症状のひどいペニスの場合は病院の泌尿器で手術を受けることにより健康保険が適用される場合がありますので、さらに安く手術することが可能です。

この手術方法のデメリットは、手術後に治療の跡が気になりやすいということでしょう。ちょうどペニスの真ん中あたりで縫合するのでその跡がどうしても目立ちやすいのです。

背面切開法

背面切開法は主に真性包茎や嵌頓包茎の人が受ける手術で、病院で行われることが多くこちらも健康保険が適用される場合があります。手術方法はペニスの背面、ペニスの持ち主たる自分から見えている面の皮先端部に縦に切れ目を入れ剥いてやり、亀頭下部で横方向に引っ張りつつ縫合するというものです。少しややこしく思えるかもしれませんが、手術は十数分で終わり、包皮を切除するわけでも無いので身体への負担の少ない治療方法とされています。

デメリットとしては、どうしても手術跡が目立つということ、そしてこの手術は「真性や嵌頓包茎を仮性包茎にする」という手術であることです。仮性包茎止まりで完全に包茎が治るわけではないのですね。

亀頭直下埋没法

他人に包茎手術をしたと知られたくない、そう考える人も多いでしょう。そんな人にお勧めなのは亀頭直下埋没法です。この手術方法も包皮を切除するのですが、切断や縫合を亀頭の直下の位置に合わせるようにするものです。これによって傷跡はちょうど亀頭の段差部分、いわゆる「カリ」の影の部分になるので、結果として傷跡が目立ちにくいわけですね。手術後の見た目を気にする人にはこれは重要なことでしょう。

デメリットは手術費用が高額になるという事です。綺麗な仕上がりのために手術技術が必要なためで、環状切開法と比較して10万円ほど費用が高くなってしまいます。

切らない包茎手術

皮だけとはいえ切るのは怖い。そう感じる方には切らない包茎手術もあります。手術方法は簡単で、余っている皮をペニスの根元へと引っ張って集め、そこで縫合、または医療用接着剤で接着するというものです。そのままで長く固定することによって皮に「剥き癖」をつけるという事ですね。

メリットとしてはやはり切らないので安心感があることと、費用が最も安くつくという事でしょう。しかしこの手段は皮を引っ張って根元に集める必要があるので当然ながら、それができない真性や嵌頓包茎の人は受けることはできません。あと、これはあくまで固定するだけの手法ですので、人によって包茎が完治しない場合があり、それがデメリットといえるでしょう。手術して数ヵ月後には皮が戻ってしまっていた、ということもあり得るわけです。さらにこの治療方法を受けられるクリニックは全国的に見ても少なめです。包茎の状態や年齢などで完治が期待できるかどうかも違うので、この手術方法を考えるのならまずは医師に相談してみましょう。

まとめ

包茎に関する印象は、まず「格好悪い」というのが来る人が多いでしょう。ただ包茎はそんな見た目だけの問題ではなく、衛生状態が悪くなりやすいため病気なども引き起こしやすいという問題もあります。これはペニスの持ち主本人だけの問題ではなく、恋人などのパートナーへ迷惑をかける場合もあり得ることなのです。当然、非衛生な性器とは誰だって触れ合いたくないものですよね。

さらに真性などの重度の包茎の場合は身体へのダメージ、痛みもあります。放置しておくことで取り返しがつかない状況になることもあるのです。現代の包茎手術は、麻酔を使うので痛みもありませんし大抵の手術方法で数十分程度で終わるものです。ペニスの手術なんて、とどこか尻込みする気持ちもわかりますが、包茎手術は国内で年間10万人以上が受けているものなのです。包茎手術は一般的にあまり語られないだけで、もはやポピュラーな手術と言ってもいいレベルですね。

手術内容と場所によっては病院でも受けられるし、大手のクリニックも複数あります。プライバシーを重視し、仮名での申し込みが可能なクリニックもありますよ。もし自分のペニスが包茎であるなら、将来のためにもこういった包茎手術を考えて、完治を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

包茎手術を扱っているクリニックは下記からご覧いただけれます。

クリニックはこちら