早漏のペニスとうまく付き合う

早漏というのは、性行為中にペニスを膣内に挿入してすぐに我慢が出来なくなり射精してしまうことをいいます。

早漏は包茎と同じく、日本人男性の大半が抱えている問題といっても過言ではありませんが、恥ずかしさが勝るために周囲と相談もしにくいという種類の問題で、一人で抱えてしまうことが多くなります。最近では早漏が問題となり破局や離婚など、パートナーの女性との不仲に繋がってしまうケースも頻発しているようです。

しかし、悩んでいるだけで良い結果はついてきません。医薬品を利用したり自分でトレーニングすることで、早漏は改善や防止をすることが可能なのです。もしも包茎であるなら包茎手術をするだけで自然と改善することも望めますから、自分のためにもパートナーの為にも早漏はすぐに改善に取り組むべき問題なのです。

決して自分だけの問題ではないと理解し、自分に自信をもつためにもパートナーとの幸せな生活のためにも問題に取り組む姿勢を持ちましょう。

 

亀頭を大きくして包茎を治す習慣を身につけましょう

早漏の人に共通する大きな特徴は、日常的に皮が亀頭を覆っている仮性包茎が圧倒的に多いことです。

早漏の改善には亀頭の刺激に対する耐性強化が必要で、本来、ペニスが勃起してむける仮性包茎は少しの努力で治すことが可能なのです。

その為には亀頭を大きくすることが必要です

オナニーをする時には皮の上から刺激するのではなく、ペニスをしっかりむいた状態で亀頭を直接刺激しましょう。また、Lシトルリンなどの血管拡張、血流アップの成分が入ったサプリメントを日常的に摂取しましょう。この二つを同時にすることで亀頭は大きくなるはずです。するとむけた状態を維持できるので、包茎はなおっていくのです。手術の必要なく仮性包茎を治すにはこの方法がおすすめです。

 

ストップ&スタート法でトレーニングをしましょう

原始的な方法ではありますが、脳が慣れることで早漏を改善することに役立つトレーニングです。ペニスを刺激して射精しそうになったら中止をし、快感が収まってきたらまた刺激を開始する

射精前に止める、ということを繰り返すのです。すると脳が段々と陰茎に対する刺激に慣れてくるので、本番の行為中でも刺激に反応することが遅くなるという仕組みです。体力を失ってしまうのでトレーニング中は射精はしないでおきましょう。人によってはかなり効果を感じることが出来ているので、まずは試してみてください。トレーニング中はパートナーに協力してもらうと努力をしている姿を見せることも出来るので良いのではないでしょうか

 

神頼みではなくスプレー頼みをしてみる

早漏は肉体的原因と精神的原因が理由にあげられることが多いのですが、肉体的には改善がすぐには難しくても、精神的な改善はやりようによってはすぐに出来ます

ペニスを鈍感にさせることが出来たなら遅漏になりそうな期待を持つ人は多いでしょう。ですから本当に効果があるかはともかく、自分がそのように思いこむことが大切なのです。早漏防止スプレーやクリームなど、思い込みによって効果があったと感じるプラシーボ効果を防ぐためにテストをするのです。そして効果が出ると判断され、販売されています。ですからスプレーなどを試してみてください。この手の商品は大いに期待して使ってみると、ペニスもそのように反応してくれるかもしれません

 

ED治療勃起薬を使ってみよう

現在、勃起障害に悩む男性が増えていることから、ED治療勃起薬はジェネリックの安いものも販売されています。勃起を促進する効果が狙いではありますが、服用者の感想では一様に遅漏気味になると書かれています。本番の行為の前にこのような薬を飲むことで1度でも早漏が改善されれば、今度は薬なしでも同じような時間もつようになったりすることもあります。

薬ですので副作用がつき物ですから誰もが気軽にとはいきませんが、早漏で自信をなくしている場合は1度ペニスを元気にして行為に望んでみることも選択肢の1つとしてもっておきましょう。ED治療薬をのむと普段は1回しか出来ないセックスが、最低でも2回は出来るようにもなります

 

まとめ

日本人男性の多くが悩む早漏になるきっかけはごくささいなことであることが多いようですが、パートナーの一言や行動で傷つき、ペニスが萎えてしまって行為を長続きさせることが出来ないというのは、男女どちらにとっても大問題となります。早漏を気にするあまりにパートナーのことを考えられなくなると性交渉はうまくいかなくなってしまうでしょう。

全ての男性に手術が必要なわけではありませんから、自分で努力して治せるかもしれないと思うことが大切です。もし包茎を気に悩むのであれば、それは手術で治療するほうが早漏改善には役に立ちますからおすすめですが、精神的なものであったりするのであれば、徐々に治していきましょう。人間は理性があり、性欲以外にも愛を知る生き物ですが、性行為は本能に基づいた大切な行動でなくてはならないものです。出来るだけ治療をして状態を改善し、自分に自信をもち、パートナーと素敵なセックスを楽しみましょう。

 

関連記事